歌舞伎の学校ニュースのページです。活動案内・メディア取材等についてご紹介 しています。

おしらせ
野澤松也 創作浄瑠璃弾き語りライブ in 名古屋 歌舞伎の学校
クリックで拡大表示します
歌舞伎や文楽に欠かせない義太夫三味線伴奏による、「語り物」音楽「浄瑠璃」の世界を、この機会に是非ご堪能ください。野澤松也の魅力ある、わかり易いトークもお楽しみに!

キャッチフレーズは「日本伝統文化は、世界を救う!」
日時
2017年10月22日(日)13:15~16:00(開場 13:00)
会場
長円寺会館一階会議室
〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄2-4-23
TEL 052-231-0955
アクセス
[地下鉄]東山線・名城線「栄」下車、西へ徒歩8分。または、東山線「伏見」下車、東へ徒歩5分
[市バス]「広小路本町」下車、南へ徒歩1分
定員
70名 (定員になり次第締め切らせていただきます)
参加費
2,500円
演目
古典 「鬼一法眼三略巻 五条橋の段」
京の五条橋のうえで、牛若丸(源義経)と武蔵坊弁慶との出会いを描いた場面です。

創作浄瑠璃 「権狐情栗譚」
半田市出身の新見南吉作の有名な物語です。

長唄とのコラボレーション 「新版歌祭文 野崎村の段」
お染久松の悲しい恋の物語。
・浄瑠璃のおはなし
・三味線のおはなし
・質問と、体験タイム
主催
歌舞伎の学校
お申込み、問合せ:歌舞伎の学校 立木 (たちき)
TEL 0568-77-3008 携帯電話 090-2186-2949
Mail info@kabukinogakkou.jp
会費のお振込み先
下記、口座まで参加費を10月13日(金)までにお振込みください。
ゆうちょ銀行 00830-6-153512 歌舞伎の学校 立木常雄
他金融機関からのお振込みの場合
ゆうちょ銀行 089 当座 0153512 歌舞伎の学校 立木常雄
附けの會☆名古屋 和の逸福(いっぷく)
歌舞伎 伝統芸能の継承ワークショップ 「立役のしぐさ」
附けの會☆名古屋 和の逸福(いっぷく)
クリックで拡大表示します
日時
2016年9月19日(月祝)
開演
18時~19時30分(30分前開場)
出演
ゲスト:中村橋吾(歌舞伎俳優)
学び人:山﨑 徹(附け打ち)
視聴料
3,500円(お菓子付)※当日受付精算
会場
揚輝荘 聴松閣 多目的室(旧舞踊場)
〒464-0057 名古屋市千種区法王町2-5-21
TEL:052-759-4450 FAX:052-759-4451
アクセス http://www.yokiso.jp/access/
地下鉄東山線「覚王山」下車、1番出口から北に徒歩約10分
※16時半以降にご入場の方は、南園「西門」よりお入りください
お問い合わせ・お申込み
<附けの會(事務局 辻素子)>
kabuku.ohanashi@gmail.com
TEL:080-4707-3486
<附けの會WEB>
http://t-yamasaki.wix.com/tsukenokai
上記サイト内「お申し込み・お問い合わせ」ボタンをクリックしてください
企画・主催
附けの會(やまさきとおる)
附けの會☆名古屋の開催です。
9月の會より「和の逸福」(なごみのいっぷく)と命名しまして、皆さんとの逸福の交流を深めて参りたいと思います。
今回の会場は千種区にあります『揚輝荘』。
松坂屋の初代社長の十五代伊藤次郎左衛門祐民の旧別荘です。
9月3日(土)開催の「女形のしぐさ」と合わせて、どうぞよろしくお願いいたします!
附けの會☆名古屋 和の逸福(いっぷく)
歌舞伎 伝統芸能の継承ワークショップ 「女形のしぐさ」
附けの會☆名古屋 和の逸福(いっぷく)
クリックで拡大表示します
日時
2016年9月3日(土)
開演
18時~19時30分(30分前開場)
出演
ゲスト:中村扇乃丞(歌舞伎俳優)
学び人:山﨑 徹(附け打ち)
視聴料
3,500円(お菓子付)※当日受付精算
会場
揚輝荘 聴松閣 多目的室(旧舞踊場)
〒464-0057 名古屋市千種区法王町2-5-21
TEL:052-759-4450 FAX:052-759-4451
アクセス http://www.yokiso.jp/access/
地下鉄東山線「覚王山」下車、1番出口から北に徒歩約10分
※16時半以降にご入場の方は、南園「西門」よりお入りください
お問い合わせ・お申込み
<附けの會(事務局 辻素子)>
kabuku.ohanashi@gmail.com
TEL:080-4707-3486
<附けの會WEB>
http://t-yamasaki.wix.com/tsukenokai
上記サイト内「お申し込み・お問い合わせ」ボタンをクリックしてください
企画・主催
附けの會(やまさきとおる)
附けの會☆名古屋の開催です
今回から「和の逸福」(なごみのいっぷく)と題しまして、皆さんとの逸福の交流を深めて参りたいと思います。
今回の会場は千種区にあります『揚輝荘』。
松坂屋の初代社長の十五代伊藤次郎左衛門祐民の旧別荘です。
9月は3日(土)と19日(月)の二回開催いたします!どうぞよろしくお願いいたします!
一般財団法人 日本国際協力センター様よりお礼状いただきました
日本国際協力センター様    日本国際協力センター様
クリックで拡大表示します


中部経済新聞に掲載されました
中部経済新聞
クリックで拡大表示します


野澤松也 創作浄瑠璃弾き語りライブ in 名古屋 歌舞伎の学校
 
クリックで拡大表示します
歌舞伎や文楽に欠かせない義太夫三味線伴奏による、「語り物」音楽「浄瑠璃」の世界を、この機会に是非ご堪能ください。野澤松也の魅力ある、わかり易いトークもお楽しみに!

キャッチフレーズは「日本伝統文化は、世界を救う!」
日時
2016年5月22日(日)13:30~15:00(開場 13:00)
会場
東鮓本店 広小路本店 北隣 東ビル4階 401会議室
〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄1-5-21 東ビル4階
アクセス
http://azumazushi-honten.com/rentroom/index.html#linkaccess
☆地下鉄東山線・鶴舞線伏見駅(7)出口より西へ徒歩2分
定員
50名 (定員になり次第締め切らせていただきます)
参加費
3,500円
演目
古典 名古屋心中「睦月連理椿(むつまじきれんりのたまつばき) 道行の場」
徳川宗春の時代、名古屋滞在中の豊後節の祖、宮古路掾が書き上げ、「名古屋心中」とよばれました。
新作創浄瑠璃「道風教訓辛抱蛙(とうふうまなびししんぼうがえる)
春日井市生誕といわれる小野道風の柳とカエルのお話です。
☆浄瑠璃のおはなし
☆三味線のおはなし
☆質問タイム・体験タイムあり
主催
歌舞伎の学校
お申込み、問合せ:歌舞伎の学校 立木 (たちき)
TEL 0568-77-3008 携帯電話 090-2186-2949
Mail info@kabukinogakkou.jp
会費のお振込み先
下記、口座まで参加費を5月13日(金)までにお振込みください。
ゆうちょ銀行 00830-6-153512 歌舞伎の学校 立木常雄
他金融機関からのお振込みの場合
ゆうちょ銀行 089 当座 0153512 歌舞伎の学校 立木常雄